スクスタおすすめRアイドル

【スクスタ/無課金攻略】序盤おすすめの「R」ガードタイプアイドル!リセマラ不要!

どうも紫青です!!

 

今回は、スクスタで序盤に大活躍してくれる
おすすめの「R」アイドルについてご紹介!!

何かとURに注目されがちですが、
「R」でも編成次第では十分ストーリー楽曲攻略可能なんです。

 

なぜガードタイプかっていうと・・・
それはこちらの動画をチェック!!!

 

例えば、この4章鬼門
「KOKORO Magic “A to Z”」
アイドル揃ってない人にはAC鬼畜すぎる・・・

一見難しそうな楽曲ですが、
「R」アイドルで十分突破可能です!!

 

スクスタ初心者さん
URガードタイプいないと・・・
スタミナ管理難しいなぁ・・・

 

とか、そういったところで悩んでいるあなた。
必見です!!!

 

おすすめRアイドル3人

では早速、おすすめのRガードタイプアイドルをご紹介。
初期からいるメンバーなので、ガチャすら不要ですw

黒澤 ルビィ(Aqours)

 

ルビィのおすすめポイントは、
初期アイドルの中でスタミナ値が一番高いところですね。
必然的にスタミナ値の底上げに繋がります。

あとは、アイドルが揃ってきてからになりますが、
パッシブの同属性スタミナ増加もなかなか強いです。

Rですので、数値は低いですが属性固めできるようになったら
かなり光ってくるスキルなのかなと。

 

特技はスタミナ回復150です。
レベル5で350回復

Rアイドルの中にはガチャでゲットする
回復値高めのアイドルもいますが、初期ではルビィが最高値になっています。

なので、ゲットできるまではルビィを育てておくことをおすすめします!!

 

あと、Rアイドル全般に言えることですが
育成、限界突破しやすいです。

要求素材数もSR、URに比べたら少ないし
ガチャすればすぐ引けるので限界突破もしやすいと。

 

5凸最大ステータスで3600ぐらいのスタミナになるので
無凸URには及びませんが、十分に活躍してくれるでしょう。

 

エマ・ヴェルデ(虹ヶ咲学園)

 

エマのおすすめポイントは、初期アイドルのシールド持ちで
一番スタミナ値が高いところです。

やはりユニットの最大スタミナ値が高ければ高いほど
曲で落ちにくくなるのでこの点なかなか重要ですね。

シールド持ちは他に花丸がいますが、
エマの方がスタミナ値が高いので採用しています。
花丸はなぜか初期アイドル全体で見ても一番スタミナ値が低いです

 

シールドとスタミナ回復どっちがいいんだ??

というのが悩みどころですが、
1ノーツあたりどれくらいのダメージ出てるのかが計測できないので
どちらがいいとは言い切れないですね。

天王寺 璃奈(虹ヶ咲学園)

 

え? 私の素顔が見たい?
う~、じゃあ、みんながいっぱい応援してくれたら、素顔になる。
その時は、頑張って笑顔を見せるから、ちょっと変でも許してくれると嬉しいの
公式より

初めて見た時から
個人的になんとなく気になってるアイドルです・・・。

 

特技はルビィと同じスタミナ150回復です。
パッシブが「スタミナ増加(同タイプ)」になっています。

ルビィは同属性で、
最初はユニット内で属性がバラバラになりがちですが、
同タイプだと初期の頃からも発動させやすくていいですね。

 

なんとなく、スタミナ値が高いから使用していますが
ほんと初期の頃だけって感じのステータス・特技かなって思います。

 

まとめ

基本的にはスタミナ値が高いアイドルがおすすめ!!

 

Rアイドルでもしっかり育成してあげれば、
ストーリーの難しい曲でも突破することは可能です。

UR、SRに比べれば全然って感じもありますが、
そんなガチャ引けないとか無課金でやりたいって人は
ぜひRアイドルも育ててみてはいかがでしょうか。

育成させやすい分、
意外なところで活躍する機会があるかもしれません。
自分はストーリー攻略で十分思い知らされました。

こんな感じで、
R編成でもしっかりストーリー攻略することが可能です。

 

さらに!!
Rだけじゃなく、SRにもとんでもなく輝いているアイドルが・・・
詳細は以下の記事をチェック!!

・ぶっ壊れ性能!?世界のYAZAWAが強すぎる件について

関連記事

どうも紫青です!!! スクスタさんMVで衣装拝むのにも、ライブパートでスコア稼ぐのにもやっぱりURよな〜。って思っているあなた、SRに最強クラスのアイドルがいることを知っていますか・・・[…]

SR最強おすすめアイドル

 

スクスタおすすめRアイドル
Twitterのフォローもよろしくお願いします!
>本ブログに関するお問い合わせ

本ブログに関するお問い合わせ

記事の内容に関するお問い合わせは以下のボタンよりお願いいたします。
記事の執筆依頼など、お仕事関連のお問い合わせも以下のボタンよりお願いいたします。