毎日の健康は飲みものから

【一人暮らし/健康】体調は飲み物から整えて風邪予防!【コンビニでOK】

どうも、一人暮らし歴9年目になりました紫青です。
別の意味でも一人です。
病む

 

一人暮らしといえば、
「自由だああああああー!!!!!!!」といった喜びが強いイメージがあると思いますが、

「体調不良」

これが本当に厄介で、
風邪とかをこじらせてしまった時の悲しさ・辛さがマジでこの世の終わりレベル。

 

  • 病院見つけなきゃ
  • 食べ物買いに行かなきゃ
  • 会社に連絡入れなきゃ
  • 休むの申し訳ねぇ
  • 無理して会社行っても悪化したらどうしよ

体調不良になっただけでこんなにも考えることが・・・・。
辛すぎる

 

実家暮らしなら、
家族と一緒に美味しいご飯でも食べて
すぐに元気になると思うし、安心感も全然違うと思うんですが、

一人暮らしで体調不良の時に
元気の出る飯なんて作れないです。
さっさとコンビニでウィダー買って薬飲んで寝るくらいww

ましてや精神的不安で、
「なんかいつもより体調不良すぎワロエナイ」
という気持ちになりがち。

 

という訳で、
一人暮らし歴9年の自分は思いました。

 

風邪引かなきゃいいんじゃね。

 

そうなんです、そんな辛いことになるなら
体調不良にならなきゃいいのです。
できたら苦労しねぇ

 

ならなきゃいい = つまり、予防

そこで今回は、
一人暮らしのあなたにオススメする
コンビニで買える最強の風邪予防ドリンクをご紹介!!!
これからの季節にもピッタリ

 

1. アロエ のむヨーグルト(セブンイレブン)

乳製品は基本オススメなのですが、
その中でもコレ!!!

セブンイレブン 飲むヨーグルトアロエ

 

なんといっても、

うますぎる・・・・!!!!!!!!!!!

アロエの食感もしっかり感じることができて
飲むヨーグルト界最強説ありますね。

 

自分はいつも会社のお昼で買って飲んでいます。

うますぎてちょっとしたデザート感覚で飲めるので、
いつもあまーいデザート買って食べている人はコレに変えることで
お財布にも、身体にも優しいという素晴らしい効果を得られることでしょう。
税込127円です



2. 伊藤園 1日分の野菜

created by Rinker
1日分の野菜
¥1,818(2020/10/28 01:22:01時点 Amazon調べ-詳細)

普段コンビニ飯でどうしても野菜不足になりがちなので、
野菜ジュースに頼りまくっているのですが、
この野菜ジュースマジですごい。

何がすごいかって、

ちゃんとうまい・・・・!!!

 

野菜ジュースってなんとなく不味いイメージ強いと思うんですけど、
この野菜ジュースは本当に飲みやすいです。

自分は「トマト」が苦手なので、
そういう風味があるものは基本避けているのですが、
コレはトマト入ってるんですがトマト感がなくてゴクゴク飲めますね。
スポーツ後でも飲めるレベル

 

あと、野菜不足を気にして野菜ジュースを飲むからには
一日分の野菜がしっかり摂れているか気になりますよね。
ジュースにすると栄養素失われるってよく聞くし・・・

この野菜ジュースは、

生野菜350gの主栄養成分を算出した自社基準を基に
「栄養もきっちり摂れる」よう商品設計しております。

とのことで、安心して飲めそうですね!!
管理栄養士がオススメするだけのことはある。

 

自分はいつも夜ご飯と一緒に飲んでいます。
コンビニ飯と共に。

で、毎晩必ず飲むようにしているので
amazonとかで箱買いしています。
飲みとかで遅く帰ってきた日も飲んでます

prime会員なら、1本75円くらいになるので
コンビニで買うよりまとめて買ってしまった方がお得です!!

created by Rinker
1日分の野菜
¥1,818(2020/10/28 01:22:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

野菜ジュース色々あり過ぎてどれがいい??
とかって思っている方はぜひこの野菜ジュースを飲んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

こう考えると、普段から食べるもの・飲むものって本当に重要だなと。

一人暮らしってどうしても同じもの食べたりして
色々偏りがちなので、飲み物変えるだけて結構変わってくるのかなって思います。

飲み物なら買って飲むだけなので、
料理するとかの手間もないですしホント手軽です。

 

自分は季節の変わり目とかでよく風邪をひきがちだったのですが、
コレを知って飲み続けてから本当に風邪をひきにくくなりました。

飲み物から手軽に毎日の風邪予防ができるので、
一人暮らしで体調管理気になるなぁって人はぜひ飲み物から変えてみてはいかがでしょうか!!

 

毎日の健康は飲みものから
Twitterのフォローもよろしくお願いします!
>本ブログに関するお問い合わせ

本ブログに関するお問い合わせ

記事の内容に関するお問い合わせは以下のボタンよりお願いいたします。
記事の執筆依頼など、お仕事関連のお問い合わせも以下のボタンよりお願いいたします。